遠瞻生活Future Life

IPC シリーズ

PC-Based制御器が発展するに従って、CNC制御器とCAD/CAM、プロセス監視ソフトウェアを結合しています。

今後はスマート型CMC加工機械ができて、知能化機械になる三つ方向があります。

1. 知能な加工:

制御器は工作物の図型が認識できます。

異なる加工ブロックによって切削ツール、異なるツールの組合せ、残り材料を自動に除去し、

特殊及び異なる材料のパラメータ、工作手順のスケジュールを設定します。

完璧な加工対策とスマート型の計画を持っています。

2. コミュニケーション:

音声、テキスト、ビデオ画像などの通信機能があります。

生産計画調整システムが繋がって、作業指令と加工プログラムをダウンロードします。

作業の切断試験はモニターで加工過程を監視し、携帯電話を通じて、加工状況を把握できます。

3. スマート生産:

未来の機械はネットが接続して故障を除去します。

各種な小型センサーを装着し、切削力、振動、変形などのが発生された誤差を監視し、

自動的に補償する或は機械の作業状況を調整し、機械の作業精度と安定性を向上させます。

CNC制御器がWindows-basedになった後、モジュール化になって、多種な機能を増加します。

例えば現在、スマートフォンは工具機械メーカが生産した機械と同時に繋がって、

ツールパスのシミュレーションに加えて、ツールと機械或はジグの間に衝突を防止するのがシミュレーションできます。

■ カスタマイズ操作パネルはお客様の要求によって、企画を設計します。

■ PC機構を使用する場合は現在、制御機が達成出来ない機能を解決します。

■ PCを通じて、様々な機能の応用をし、客様の要求を実現します。

■ 3D衝突防止ソフトウェアを取付けて、機械の衝突や人員の怪我の事を避けられます。

■ CCD(動画映像機能)を装着し、作業加工状況を監視できます。

■ デ-タの分析を通じて、機械の稼働率を向上させます。